スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
秘伝其ノ九:車両感覚 第1弾
今年も、もう早いもので師走ですね。
師走といえば、1年の中で最も交通事故が多発する時期です。皆さん、くれぐれも「自分は事故を起さない」なんて思わずに、慎重な運転をお願いします。


交通事故のない年末を…


ということで、今回は「車両感覚第1弾」と題し
『見えないタイヤをいかに見るか』
を考えてみましょう。

自動車の運転になぜ免許が必要なのでしょうか?
運転免許は行政上の許可にあたります。
「道路で車の運転をしてはいけない」が原則です。
しかし、①運転技能 ②知識(道路交通法) ③適性(視力・聴力・運動能力・色彩識別・車種によっては深視力)が一定の基準に達したときに道路で運転できるようになります。

その時に1番練習として必要なのが、車両感覚です。見えないタイヤをいかに見えるように感覚としてつかむか。これが1番大変なのです。
自転車は、二輪でバランスが悪くもっとも運転が大変だと思いますが、なぜ体得しやすいのでしょうか?それは、タイヤが見えて、これからどこを走行していくかが肉眼で見えるからです。

それでは、見えないタイヤをどのようにして自分のものとして感覚をつかんだら良いでしょうか。

下写真のように、破線がボンネットの中央に見えます。この時には、左の前輪が、破線の上にのっています。

20071204153638.jpg

20071204153700.jpg

下写真のように、実線がボンネットの右30cmくらい中に見えます。この時は右の前輪が実線の上にのっています。

20071204153909.jpg

20071204153931.jpg


このように、見えない前輪をまずは目安で体得し、はみ出ているように感じても、これでタイヤが線上にあることを確認しましょう。
とくに右で運転しているので、左の感覚はおろそかになりがちです。しっかりと体得してください。
スポンサーサイト

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク

[2007/12/04 15:27] | 吉田の秘伝書 | コメント(0) |
<<もうすぐクリスマス… | ホーム | 12月16日(日)のスキルアップ講習について>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

東名自動車学校BLOG


見つけよう、たからもの。

免許以上の「たからもの」、見つけよう。東名自動車学校のテーマです。これから免許を取得される方も、現在当校に在学されている方も素敵な「たからもの」を見つけられるように、当校スタッフ一同一緒に楽しみながら卒業を目指しましょう!

東名自動車学校

Author:東名自動車学校
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

静岡県 藤枝市 焼津市 静岡市での免許取得は公認自動車教習所の東名自動車学校で   静岡市のカジュアル フレンチ レストラン ブロシェット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。